遺伝情報補うRNA修飾 病気の解明や薬の開発に活用

有料会員記事

大岩ゆり
写真・図版
[PR]

 生命の設計図であるDNA。そこに記された遺伝情報の具体化に欠かせないRNAは、実は設計図に書かれていない化学物質などの「修飾」がたくさん付いている。その役割の解明が医療や農業などに役立つ可能性があると、注目されている。

状況応じてたんぱく質の合成調節する仕組み

 ヒトをはじめ生物の体はたんぱく質でできている。その設計図となるのがDNAだ。ただし、作られる際、設計図の原本であるDNA自体は使われず、DNAの遺伝情報を転写(コピー)したRNAがもとになる。

 たんぱく質が必要になると、DNAの遺伝情報の必要な部分だけが転写され、「伝令(メッセンジャー)RNA」と呼ばれるRNAができる。次に「運搬(トランスファー)RNA」と呼ばれるRNAが、伝令RNAの遺伝情報の通りにアミノ酸を運んでくる。アミノ酸が結合してたんぱく質になる。

 実は、設計図の情報だけでは…

この記事は有料会員記事です。残り1929文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら