[PR]

 フィリピンのドゥテルテ大統領は14日の記者会見で、麻薬犯罪に関わっているとされる国会議員や市長ら40人以上の実名を挙げた「麻薬犯罪者リスト」を公開し、同日付で、公務員の汚職防止に関わる行政監察院に提出したことを明らかにした。今後、同院が裁判所に個別に提訴する見通し。

 フィリピンでは5月13日に中間選挙(上院の半数と下院、地方選)が予定されており、このリストが選挙結果に影響を及ぼす可能性がある。(ハノイ=鈴木暁子)