[PR]

 2005(平成17)年に開業したつくばエクスプレス(TX)は、茨城県内の風景を変えた。都内への通勤路線として沿線で人口が膨張を続ける一方、駅から遠い地域では小中学校が統合に。人口増が頭打ちになった平成の時代。人口の集中が、新たな光と影を生み出している。

 3月上旬の午前7時50分、つくば市のTXみどりの駅。650人近い児童が、真新しい住宅街の歩道を一列に並び、昨年開校した市立みどりの学園義務教育学校に登校していく。

 小学5年生の息子が通う渡辺周一さん(44)は、08年に実家近くのこの地に家を建てた。子どもの頃は林に覆われ、畑が点在する人家がまばらな土地。「ここに家を持つなんて想像したことはなかった」

 東京都中央区にある勤務先までは約1時間。TXができる前は、実家からJR常磐線荒川沖駅まで車で行き、千代田区にあった別の勤務先まで2時間近くかけ通勤したこともあった。「天と地ほどの差」と話す。

 TXは、「通勤地獄」と言われ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら