[PR]

 トヨタ自動車は14日、米国内の工場に計7・5億ドル(約840億円)にのぼる新規投資をして、ハイブリッド車(HV)などの生産に乗り出すと発表した。これにより計約600人の新規雇用を生み出すとしている。製造業強化を掲げる米トランプ政権の意向に沿う判断だ。

 米国で売れ筋のスポーツ用多目的車(SUV)「RAV4」や高級車レクサス「ES」のHVを、ケンタッキー工場で新たに生産する。RAV4のHVは年10万台生産できる設備を設ける。アラバマ州やウェストバージニア州などの工場でもエンジンや変速機の生産能力を増強する。

 トヨタは2017年、米国に5年間で計100億ドルを投資する計画を発表したが、マツダとの合弁工場の計画も合わせて同期間の投資額を130億ドルに増やすことも明らかにした。(ニューヨーク=江渕崇)