[PR]

 俳優やタレント業の傍ら、アーティストとして活動する香取慎吾さんの個展が15日、東京・豊洲の劇場「IHIステージアラウンド東京」で始まった。昨年9月にパリのルーブル美術館で初めての個展を開いたが、日本での個展は初めて。絵画やオブジェなど、新作16点を含む計126点を展示する。

 観客は、まず約10分間の映像を鑑賞し、その後、舞台に飾られた作品を3部構成で鑑賞していく。音楽が鳴り、照明は変化し、スモークがたかれる仕掛けだ。香取さんが、展覧会にかける思いや制作への思いを会場で語った。

     ◇

 ――本展はどんな思いでつくり…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら