[PR]

 米ボーイングは、インドネシアとエチオピアで相次いで墜落事故を起こした主力の小型旅客機「737MAX」の航空会社への納入を停止した。ロイター通信が14日報じた。米国を含むほぼ全世界で同型機の運航が止められたためだが、生産は続ける方針。また、米当局による運航停止は、少なくとも数週間に及ぶ見通しであることも明らかになった。

 報道によると、米連邦航空局(FAA)が13日に737MAXシリーズの運航停止に踏み切ったことを受け、ボーイングは同型機の各航空会社への納入を当面見合わせることにした。

 ただ、737MAXを含めて月間52機という生産ペースは当面、維持するという。米当局などの運航停止が長引けば、在庫がたまるなどしてボーイングの経営に影響が出そうだ。

 一方、FAAは14日、米連邦…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら