[PR]

 絹文化の魅力を広げようと群馬県は、県内で絹産業に携わる作家の技術や思いを伝える動画の発信を始めた。絹文化が過去の「遺産」だけでなく、現在も受け継がれていることを伝え、イメージアップを図りたい考えだ。

 タイトルは「わたしの絹物語」。12日から配信を始めた。高崎市の座繰り染織家中野紘子さんと、桐生市で織物ブランド「OLN(オルン)」を展開する井上忍さんの女性2人が登場する。

 中野さんは「canoan(カノアン)」の名で、上州座繰りによる糸づくりや草木染、手織りなど全工程を自ら行う。井上さんは桐生織で着物の帯をつくるほか、生活雑貨も手がけるなどして活躍する。

 動画は60秒と15秒の2バー…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら