[PR]

 仮想通貨ビットコインの取引所「マウント・ゴックス」から巨額の資金が消失したとされる事件で、データを改ざんして口座残高を水増ししたとする私電磁的記録不正作出・同供用などの罪に問われた運営会社の元最高経営責任者(CEO)マルク・カルプレス被告(33)に対し、東京地裁(中山大行(ともゆき)裁判長)は15日、懲役2年6カ月執行猶予4年(求刑・懲役10年)の判決を言い渡した。

 判決は、顧客の預かり金3億4千万円を着服したなどとする業務上横領や特別背任の罪については無罪とした。中山裁判長は「現金は同社に帰属する」と指摘し、使い道は被告の裁量に委ねられていたとした。

 判決によると、被告は2013年2月~9月、21回にわたって取引システムのデータを改ざんし、システム内の口座残高を3350万ドル水増しした。

 被告は11年8月にマウント社…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

デジタルコース・最大2カ月無料キャンペーン実施中!詳しくはこちら