運転免許、西暦併記で交付開始 まず警視庁でスタート

有料記事

荒ちひろ、滝口信之
[PR]

 運転免許証の有効期限の記載が、これまでの元号での表記から西暦と元号の併記に変わることになり、警視庁が15日、全国で初めて併記の免許証の交付を始めた。「平成」と西暦の併記になるのは、4月28日の交付までになる。全国の道府県警でも順次、併記が始まる。

 新しい免許証では、有効期限が西暦とカッコ書きの元号で表記される。外国人の免許保有者の増加などを背景に、より分かりやすくする狙いという。生年月日や交付日、免許の種別ごとの取得日は、限られたスペースで見やすい表示にするためとして、これまで通り元号のみだ。

 免許更新で15日朝、立川署…

この記事は有料記事です。残り362文字有料会員になると続きをお読みいただけます。