[PR]

 宮城県気仙沼市教育委員会は14日、市立中井小(児童63人)の同日の給食に、賞味期限切れのケーキを出したと発表した。男子児童2人が下校後、腹痛などを訴えたが、病院には行かず、ケーキとの因果関係ははっきりしないという。

 市教委によると、問題のケーキは、同日朝に石巻市の業者が冷凍状態で納入した87個のうちの40個で、2019年2月27日が賞味期限だった。調理場職員が受け取った際に期限を確認したが、「19年」を「来年」と勘違いしたという。発注と違う種類のケーキが交じっていたため、午後に再度確認したところ、期限切れに気づいた。

 期限は包装の段ボール箱に記されており、誰が期限切れを食べたかは判明していない。体調不良を訴えた児童も、どちらを食べたかは分からないという。