[PR]

 香取慎吾の日本初個展が、東京・豊洲のIHIステージアラウンド東京で開催されている。新作16点を含む計126点が劇場の舞台の上に並べられ、エンターテインメントとしての仕掛けが満載な美術展だ。

 香取は昨年、パリのルーブル美術館地下ホールで個展を開催し、精力的に美術作品の制作に取り組んでいる。本展に並ぶ作品の多くは、香取自身の体がモチーフ。香取は「『自分の体の中に入って欲しい』という思いで作った」と話す。

 メインに据えられたオブジェ「BOUM(ブン)!BOUM!BOUM!」は心臓の形で、耳を寄せると制作しているときに録音した香取の心音が聞こえる。他にも、自身の髪や歯形を使ったオブジェや、黒目の写真を撮って周りに絵を描いた作品などがある。「アイドルは自分が素材。アートなら、より深いところまで見せられる」という。

 その作品をみせる場所として選んだ会場は、美術館ではなく劇場。観客は、まず約10分間の映像を鑑賞し、その幕が開いた奥にある舞台に飾られた作品を3部構成で鑑賞していく。音楽が鳴り、照明は変化し、スモークがたかれる。「アトラクションというのが一番近い。僕が個展をするとこうなった」

 多忙なアイドルがいつ描いてい…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら