[PR]

 ニュージーランド南部クライストチャーチで15日午後1時40分(日本時間同午前9時40分)すぎ、イスラム教の礼拝所(モスク)2カ所で男が中にいた人たちに発砲した。地元警察は計49人が死亡し、容疑者の男3人と女1人を拘束したと明らかにした。

 ラジオニュージーランド(電子版)によると、発砲したのは、ヘルメットにサングラスで軍服のようなものを身につけた男で、白人のようだったという。モスクは金曜日の礼拝中で約500人がいたという。別の目撃者は4人が床に倒れているのを見たといい、「あちこちに血が飛び散っていた」と語った。

 オーストラリアのモリソン首相は容疑者のうち1人は、オーストラリア人とみられると語った。地元紙ニュージーランド・ヘラルド(電子版)は、白人の男がモスクに車で乗り付けて、モスク内で途中で弾丸を装塡(そうてん)しながら、銃を乱射する様子をインターネット上で17分間にわたって生中継していたと報じた。

 モスクにいた人たちは近くの別…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら