[PR]

 現在の「戦後最長景気」(実際にそうなるかどうかはまだわからないが)のもとで、日本銀行は一度も引き締めができないまま、景気後退期を迎えることになりそうだ。

 日銀は15日の金融政策決定会合(年8回開催)で政策を「現状維持」としたものの、変調を始めた世界経済の状況次第で今後、追加緩和を軸に政策を検討する状況に追い込まれていく可能性が高い。

 午後3時30分から黒田東彦(はるひこ)総裁が記者会見して、金融政策の現状と今後の考え方を説明する。

 今年に入って、急速に世界経済…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら