[PR]

 ワンセグ放送を受信できる携帯電話を持っている場合もNHKとの受信契約を結ぶ義務があるとの判決が最高裁で確定したことについて、石田真敏総務相は15日の閣議後会見で「NHKは引き続き、国民、視聴者に丁寧に説明してほしい」と述べた。

 石田氏は「裁判所の個別の決定なのでコメントを差し控える」と述べ、評価に触れなかった。NHK受信料の徴収業務への影響については、「ワンセグ携帯は以前からNHKの規約で契約の対象と承知している」とした。(別宮潤一)