千葉)千葉の自立援助ホーム開設2年、子供たち夢へ一歩

有料記事

上田雅文
[PR]

 親の暴力やネグレクト育児放棄)といった虐待などを理由に家庭から離れた子どもたちが暮らす自立援助ホーム「未来の杜(もり)」(千葉市)が、4月で開設から2年を迎える。この春には高校を卒業する少女1人が夢と自立へ向けた一歩を踏み出す。職員たちは家族ぐるみの信頼関係を模索しながらサポートしている。

 「このバターは誰の?」「自分の分はそっちに置いてあるよー」

 千葉市内のホームの台所で平日の夕方。学校から戻った17~19歳の少女4人が笑みをこぼしながら話す。冷蔵庫の扉を開けて、お互いの食べ物の整理をしていた。

 自分のものには名前を書くル…

この記事は有料記事です。残り1200文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント