[PR]

 世界ボクシング機構(WBO)フライ級タイトル戦(16日、岐阜)の前日計量が15日、名古屋市内であり、王者の田中恒成(23)=畑中=と同級4位で挑戦者の田口良一(32)=ワタナベ=は、ともにリミットの50・8キロでパスした。

 昨年9月に3階級制覇を果たした田中はフライ級での初防衛戦。1階級下の世界王者だった田口とは2年前に対戦するはずだったが、田中のけがで流れた経緯がある。田中は「こんなにおもしろいカードで、つまらない試合にはならない」。ともに望んでいた対決が実現し、田口は「運命を感じている」と話した。

こんなニュースも