[PR]

 JR北海道の16日のダイヤ改定に伴い、根室線の尺別駅と直別駅(どちらも釧路市音別町)が15日の営業で廃止となった。地元町内会はこの日、尺別駅で「さよならセレモニー」をおこない、約100年の歴史を刻んだ両駅をしのんだ。

 尺別駅は1920(大正9)年、尺別炭砿の石炭輸送の貨物停車場として開業した。30年から旅客も乗せるようになった。

 元住民などによれば、駅前は尺別炭砿の社宅のほか、食料品店、旅館、パチンコ店などもあってにぎわった。乗降客は1日2千人を超え、改札が間に合わないほどだったという。70年に尺別炭砿が閉山して寂しくなった。

 直別駅は農場が出来て地域が発…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら