[PR]

 海外経済の減速に引きずられ、国内の景気が腰折れすることに日本銀行が警戒を強めている。日銀は15日の金融政策決定会合で政策の「現状維持」を決定。景気の基調判断も「緩やかに拡大している」と変えなかったが、輸出や生産で影響が出ていることに懸念をにじませた。

 日銀は景気の全体的な見方は維持したが、個別の項目では「弱気」な表現をあちこちにちりばめた。

 海外経済は中国や欧州の状況をふまえ、「減速の動きがみられる」との表現を加えた。「増加基調にある」としてきた輸出と生産の判断は「足もとでは弱めの動きとなっている」と明確に下方に引き下げた。

 それでも黒田東彦(はるひこ)総裁は会見で「海外経済がさらにどんどん下ぶれする可能性は非常に薄いのではないか。年後半には、減速している中国や欧州は回復していくのがメインシナリオ」と強気だった。輸出減少の主要因だった中国経済については「(中国政府の)かなり大幅な景気対策がすでに決定し、実行されつつある」と回復に期待した。

 一方、民間エコノミストは海外…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら