[PR]

 長崎県内の高校のPTAや校長が加入する三つの任意団体とその事務局が15日、3千万円を超える使途不明金が判明したと発表した。事務局で会計を1人で担っていた50代女性は「横領した」などと書き残し、今年2月に死亡。団体側は今後、弁護士らを招いた組織を立ち上げ、さらに詳しく調査する。

 団体は県公立高等学校PTA連合会、県高等学校長協会、県公立高等学校・特別支援学校退職校長会。それぞれPTAや校長で組織し、研修や親睦を目的に活動している。

 発表によると、今年2月20日、女性の家族から末永幸寛事務局長に女性が亡くなったと連絡があった。事務局の女性の机を調べると、「長年にわたり横領・着服した。申し訳ない」などと記した書き置きが見つかったという。女性は1996年から事務局に勤め、3団体の会計を一手に担っていた。

 3団体の預金通帳を確認すると、運営資金のほとんどが引き出されていて、残額は合わせて65円。事務局が調べたところ、使途不明金は少なくとも計3153万円に上るという。

 2002年度以降の預金通帳や通帳の残高証明書に切り貼りやカラーコピーの形跡が見つかったという。毎年、団体ごとに会員が内部監査をしていたが、改ざんされた資料で照合していたため不正に気づけなかったとみられると説明する。

 3団体は今後、弁護士らを招い…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら