[PR]

 栃木県那須町の「那須どうぶつ王国」は15日、初めて一般公開する国の特別天然記念物のニホンライチョウを報道陣に公開した。一般公開は16日から。

 公開されたニホンライチョウは雌雄1羽ずつ。ともに体長約25センチで、体重は約600グラム。真っ白な体で雄は目の周りが黒い。現在は隣り合った部屋で飼育されているが、4月下旬ごろから繁殖を目指して同居させる予定だ。佐藤哲也園長は「現在は人工孵化(ふか)で育ったものだが、本来の自然繁殖で育ったものでなければ自然界では生きていけない。次のテーマは自然繁殖で、なんとか成功させたい」と話した。

 上野動物園など全国の4施設では15日から一般公開が始まったが、同王国は休園日だったため1日ずれた。(池田敏行)