[PR]

担当記者がみた明日海りお(3)

 代表作の一つとなった「ポーの一族」(2018年)。少女漫画の不朽の名作を完璧な再現度でみせたこの公演から、希代のプレーボーイを演じた「カサノヴァ」(19年)まで。明日海りおの進化はまだ続きます。

 尾崎千裕 「ポーの一族」はまさに明日海が呼んだ公演といえる。永遠の時を生きるバンパネラ(吸血鬼)の美少年エドガーを、澄み切ったたたずまい、しぐさ、繊細な表現で演じきった。本人も「役柄に身をまかせた」と振り返っていた。今作のキャストがはまりすぎたがゆえに再演は難しいのでは、と記事に書いたけれど、明日海が退団後、外部で演じることはあるのかな。

 この時、私自身が大劇場で明日…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

本日に限り、無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。(18時まで) ※一部記事を除く

無料会員に登録いただくと続きをお読みいただけます。すでに無料会員の方はログインして続きをお読みください。

本日に限り、無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。(18時まで) ※一部記事を除く