夏季五輪の開催地に毎回、足を運び、「オリンピックおじさん」として知られる山田直稔(なおとし)さんが9日、心不全のため死去した。92歳だった。葬儀は親族のみで行い、お別れの会を4月16日午後2時から東京都江東区木場1の4の3の東京木場ホテルで開く。喪主は妻倫栄さん。

 富山県出身。都内でワイヤロープ販売会社やホテル、不動産業を手がける傍ら、1964年の東京大会以来、すべての夏季五輪の開催地を訪れ、日の丸の扇子を振り、声援を送ってきた。長嶋茂雄氏やマリナーズのイチローをはじめ各界に広い交流を持ち、大相撲ファンとしても知られていた。