[PR]

 JR各社は16日、新幹線や在来線のダイヤを改定した。北海道新幹線は青函トンネル内の最高速度を時速140キロから160キロに上げ、東京―新函館北斗間の所要時間を4分縮めて最短3時間58分とした。上越新幹線には、北陸新幹線を走る「E7系」が投入され、最上級席「グランクラス」を利用できるようになった。

 在来線では、新宿駅から山梨県内の富士急行河口湖駅に乗り入れる特急「富士回遊」が登場。外国人観光客に人気の富士山エリアと都心部が乗り換え無しで結ばれるようになった。(細沢礼輝)