[PR]

 静岡県島田市立川根小学校の6年生25人の卒業を祝って16日、地域の大人たちでつくる団体「カワネラブズファクトリー」が大井川を横断する80匹のこいのぼりを設置した。

 同校は今年創立50周年。6年生はアーティストの指導の下、サッカーボールを使った球舞、ダンス、歌、映像製作など様々な表現に取り組んできた。市川愛華さん(12)、平口結斗くん(12)とも、昨年11月の50周年記念イベントが「一番印象に残った」という。石原一則校長は「外部との交流が少なくおとなしかった子どもたちが、この1年でぐんと成長した。卒業式で校歌を力いっぱい歌う姿に涙が出ました」。

 こいのぼりは30年ほど前から地域であげてきたが、2007年に中断。15年に「地域の子どもに川根の思い出を残そう」と復活させた。インターネットで募るなどして約70匹を集め、川根小やかわね保育園の子どもたちも学年ごとに手描きでつくった。5月19日まで掲げる。(阿久沢悦子)