[PR]

 JR東日本は16日、北陸新幹線と同じ車両「E7系」の運行を上越新幹線で始めた。同日朝に新潟駅で行われた出発式では、約100人の鉄道ファンらがホームに集まり、写真を撮るなどした。E7系の初運行は、ほぼ満席だった。

 JR東日本新潟支社によると、E7系は12両編成で定員924人。最上級の「グランクラス」が12号車に18席ある。車両にはトキの羽と稲穂をイメージしたシンボルマークがあしらわれている。

 新潟―東京を結ぶ「とき」は1日4往復、越後湯沢―東京を結ぶ「たにがわ」は同1往復運行する。上越新幹線で使用している2階建て車両「E4系」を2020年度末までにすべてE7系に入れ替える。

 ホームから初運行を見送った江…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら