[PR]

 開業3年を迎える北海道新幹線は16日、宿願だった東京―新函館北斗間の「4時間の壁」を破った。1番列車の下り「はやぶさ5号」が知内町の青函トンネルから姿を現すと、待ち構えていた報道陣が一斉にシャッターを切った。

 青函トンネルを含む82キロの区間では従来、貨物列車との共用のため、時速140キロに抑えていたが、16日のダイヤ改定で最高速度を160キロに引き上げた。

 その結果、最速でも4時間2分かかっていたこれまでより、4分短い3時間58分に。3時間台の上下3本を含め24本が4分短縮の運行となる。

 JR北海道は、「4時間切り」…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら