【動画】大阪市中心部でたき火やアウトドア気分を楽しめる場所が人気を集めている=小林一茂撮影
[PR]

 大阪の街中で、アウトドア気分を楽しめる場所が増え人気を集めている。仕事帰りにふらりとたき火を囲んでみたり、キャンプ場のような居酒屋で非日常を味わってみたり……。せわしない都会生活での疲れを癒やす手軽な「オアシス」になっている。

 大阪市西区の中之島GATEサウスピアにある、「焚火(たきび)屋火火(びび)」。中之島や本町のオフィス街からも近く、タワーマンションやオフィスビル群の夜景をバックに、たき火を楽しむことができる。元々は駐車場などに利用されていた空き地に、7台のたき火台を設置。薪や火箸などの道具が用意され、手ぶらで参加できる。素人には難しい着火もスタッフが手伝ってくれる。一緒に楽しむ仲間が見つからなくても、他の利用者と同じたき火を囲む相席スペースが用意され、薪がはじける音に耳を傾け、揺れる炎を見つめていると、初対面同士でも自然と会話の輪が広がってゆく。

 客のほとんどはアウトドア未経験者。同僚と仕事帰りに参加した渡辺麻奈美さん(28)は、「手軽に気分が味わえて楽しい。インスタ映えするのもいい」と魅力を話した。

 オーナーの建部彰一さん(52)は、10年以上前からたき火をする会を主宰してきた。当初は仲間うちの集まりだったが、たき火の様子をSNSで投稿し始めると、参加希望者が徐々に増え、200人程度だったフォロワー数も今では1千人を超える。だが、郊外のキャンプ場までの移動手段が無い、泊まりがけで参加する時間は無い、などの声も多く、身近にたき火を囲める場所を作りたいと、昨年11月にこの場所を開いた。

 営業は週末や祝日などの午後5時から11時で、基本料金は1人3千円(中高生1千円、小学生以下無料、午後9時以降は1500円、5人までの貸し切り席は別途4千円)。

 たき火以外にも、街中でアウトドア気分を味わえる店や体験は増えている。

 大阪市福島区の肉料理店「pit master VAMOS」の店舗2階には人工芝が広がり、並んだテントやハンモックがキャンプ気分を盛り上げる。野趣あふれる料理が盛られるのは紙皿で、乾杯するのも使い捨てのプラスチックコップという徹底ぶり。職場の飲み会で利用していた土井翔悟さん(30)は「いつもより、上司と砕けた会話ができた」と笑顔を見せていた。

 仕事の前にアウトドア体験を楽…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら