[PR]

 「ただ、ただ、ありがとう」。広島に愛された背番号25の元広島カープ選手、新井貴浩さんの引退セレモニーが16日、オープン戦の試合に合わせてマツダスタジアム(広島市南区)で開かれ、スタンドを赤く埋めた約3万人のファンらを前に、新井さんはプロ野球生活20年への別れのあいさつを感謝の言葉で締めた。

 マイクの前で、新井さんはこう語り始めた。「広島で生まれ、広島で育ち、小さな頃からの夢はカープの選手になることでした」

 その夢を実現しても「苦しかったこと、悔しかったことの多い野球人生でした」と続けた。でも「私の野球人生、無駄なことは何ひとつありませんでした」と語り、かつて在籍した阪神への、プロ野球ファンへの感謝を述べ、そしてカープ球団、カープファンへの感謝を言葉にした。「たくさん怒らせ、たくさん悲しませたのに、応援して頂きありがとうございました」

 オープン戦の試合前には、カー…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら