[PR]

 関西電力がフランスに再処理を委託した原発の使用済み燃料について、関電が現地で製造されたプルトニウムとウランを混ぜたMOX燃料32体を、来年にも日本に搬送する計画であることがわかった。高浜原発3、4号機(福井県)で燃やし、関電が海外に保有するプルトニウム約11トンのうち約1トン分の削減につなげる。

 仏原子力大手オラノ(旧アレバ)の幹部が朝日新聞の取材に明らかにした。

 日本政府は昨年7月、日本が国内外に保有するプルトニウムについて、現状の約47トンを超えないよう減らしていく方針を表明。2021年に予定する六ケ所再処理工場(青森県)の稼働で新たにプルトニウムが取り出される前に、ふつうの原発でMOX燃料を使う「プルサーマル発電」を増やす必要に迫られている。

 オラノは17年に関電側とMOX燃料32体を作る契約を結んだ。仏北部のラアーグ再処理工場で、日本から運んだ使用済み燃料からプルトニウムを抽出。年内に南部マルクールの施設に運んでMOX燃料を作り始める。20年にも北部シェルブール港から高浜原発に海路で搬送するという。

 核燃料サイクルを進めるため、…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら