[PR]

 イベント企画大手のキョードー東京は16日、チケット販売サイトで他人の個人情報が表示されるなどの不具合が起き、同日午前8時ごろからサービスを停止していると明らかにした。

 同社によると、15日朝からサイトがつながりにくくなり、外部の会社がシステムの改修を進めていた。16日午前4時ごろ~同8時ごろまで、一部の利用者の画面に、他の会員の名前のほか、住所、電話番号、チケット購入履歴などが表示されたケースがあったという。「クレジットカードの情報は漏れていない」としている。

 この時間帯に、サイトには1600件のアクセスがあったが、被害人数はわからないという。16日夕方時点で復旧のめどは立っておらず、同社は約55万人いる会員全員に連絡して状況を説明したいとしている。