京都)梅小路京都西駅が誕生 水族館・鉄道博行きやすく

有料記事

本多由佳
[PR]

 JR山陰線(嵯峨野線)の京都―丹波口間に16日、梅小路京都西駅(京都市下京区)が誕生した。早速、駅の目の前にある梅小路公園や園内にある京都水族館、園に隣接する京都鉄道博物館に向かう多くの親子連れが利用した。京都府内にJR西の新駅ができたのは、2008年の南区の桂川駅以来。

 駅には普通電車のみが停車し、京都駅から1駅約3分でつく。鉄道博物館まで2分、水族館まで7分ほど。これまで京都駅から徒歩で約20分かかったが、新駅からは小さい子を連れていても通いやすくなった。

 多くの親子連れの利用が見込まれるため、ホームドアを設置。府内のJR西の駅で初めて、授乳室も設けた。駅舎の外観には梅のデザインをあしらい、トイレの壁に府産の木材を利用して京都らしさをだした。

 新駅を利用した京都市中京区

この記事は有料記事です。残り252文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。