[PR]

 東欧モンテネグロのサッカーチーム「FKアドリア」が主催する12歳以下8人制の国際大会シン・エナジーカップが16日、大阪府堺市堺区のJグリーン堺で開幕した。17日まで。海外3チームと国内6チームが参加。優秀選手10人が8月にクロアチアで開かれる国際大会に推薦される。

 FKアドリアのゼネラルマネジャー大迫貴史さん(38)は、世界をめざす多くの日本人プロ選手をモンテネグロで育成してきた。

 同国出身で18年間の日本滞在経験を持つ監督プレダラッグ・ステボビッチさん(47)とともに「子どもたちに『世界基準』のサッカーを体感させたい」と初の大会を企画。神戸市の新電力会社シン・エナジーの乾正博社長(48)が趣旨に共鳴しスポンサーに就いた。

 16日の第1戦では、FKアド…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら