[PR]

 16日午前4時50分ごろ、静岡県小山町藤曲の70代女性から「就寝中に布団を顔の上から押しつけられた」と110番通報があった。御殿場署の警察官が駆けつけたところ、2階建て住宅の1階に置かれた金庫から現金約100万円がなくなっていた。前日には息子を名乗って100万円を用意するよう依頼する不審な電話がかかっていた。同署は資産状況を尋ねてから押し入る「アポ電」強盗の疑いがあるとみて調べている。

 同署によると、何者かが住宅に押し入り女性に布団を押しつけたが、女性がはねのけて「警察を呼ぶよ」と言うと、無言で逃げたという。住宅全室に物色の跡があった。女性は一人暮らしで、けがはなかった。

 15日午前に息子を名乗る人物から電話があり、「(ミスをして)100万円足りない。なんとかならないか」などと言われた。女性は「用意できる」と答え、約100万円を自宅に準備していたという。

 逃げた人物は、紺色のズボンと紺色の運動靴を着用していたという。(阿久沢悦子)