[PR]

 沖縄空手流派企画展「剛柔流流祖宮城長順」(主催・沖縄県)が14日、沖縄空手会館で始まった。多くの人が来場し、故宮城氏(1888-1953年)の人生をたどる年表や、胸像や道着などの展示に見入った。9月10日まで。

 沖縄の代表的な伝統文化である空手の歴史的、学術的な面を広く後世に受け継ぐことを目的に、県が企画。山川哲男空手振興課長は「胸像や道着などを見て、文化をつくり上げた先輩方の息遣いを感じてほしい」と来場を呼び掛けた。

 豊見城市から訪れた屋宜宣弘さん(68)は「歴史を感じて涙が出てくるね」と感慨深そうに話した。

 初日の14日は、宮城氏の直弟…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら