[PR]

 ニュージーランド南部クライストチャーチの銃乱射事件で、殺人罪で起訴されたオーストラリア人ブレントン・タラント容疑者(28)が書いたとみられる全74ページの犯行声明文のタイトルは、「大いなる交代」(The Great Replacement)だった。同じタイトルの著作が2011年、フランスで発表されていた。

 AFP通信によると、著者は仏南西部に住むフランス人。後にイスラム教徒への憎悪や暴力をあおったとして、15年に有罪判決を受けていた。仏メディアは、タラント容疑者が暴力に訴えた点を除けば、「欧州で白人が移民に取って代わられようとしている」という趣旨はそっくりだと指摘。著作は容疑者に何らかの影響を与えた可能性がある。

 声明文は、豪州人の起源は欧州にあるなどと主張し、欧州に来る移民をことさらに問題視した。17年春のフランスやスペインの旅行で移民の多さを目の当たりにし、犯行を決意したのだという。

 いま、フランスやスペインでは、移民や難民が入ってくることを「社会への脅威」とあおる言説が一定の幅をきかせている。

 フランスの右翼政党・国民連合(旧国民戦線)のルペン党首は14日の仏テレビ番組で、「移民の受け入れは経済的コストがかかる」と発言した。仏メディアによると、ルペン氏は過去に「移民は(フランス人に)取って代わるという目的を持ってやって来ているのではないか」と述べていた。

 スペインでも、不法移民排除や…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら