中島正徳さん(なかしま・まさのり=元長崎県被爆者手帳友愛会会長)が15日死去した。89歳だった。通夜は17日午後6時、葬儀は18日午後1時から長崎市光町16の18の平安社長崎斎場本館。喪主は妻玲子さん。

 15歳の時に、爆心地から約3キロで被爆。長崎の被爆者5団体の一つで79年に発足した県被爆者手帳友愛会に入り、08年から会長として被爆地域の拡大などに尽力した。18年5月、体調不良を理由に退任の意向を示し、会長代行に就いていた。