[PR]

 因幡の白兎(しろうさぎ)の神話のミステリーツアーは、昨年で第10回を数えた。毎年定員いっぱいになる人気企画だ。生まれ育った地元に「道の駅清流茶屋かわはら」(鳥取市河原町高福)が開業してから13年。地元の魅力をたっぷり詰め込んだ仕掛けを次々に考え出してきた。

 因幡の白兎の神話は、大国主命が八上(やかみ)の郷(現・鳥取市河原町)に住む八上姫(やかみひめ)に求婚に向かう途中の物語とされる。「八上姫は、日本で一番初めの恋物語のヒロイン。こんなにおもしろいのに、なんでみんな知らないんだろうって、世にもっと広めたくて」

 最初は経理担当だった。短冊に願い事を書いて結ぶ縁結びの木「御縁樹(ごえんじゅ)」を発案したのがきっかけで、積極的に企画を手がけるようになった。恋の川柳を全国から募ったり、恋うさぎのお守りを売り出したり。

 地域の農家に出かけての収穫体…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら