[PR]

金正男暗殺を追う 第3部

【第二章】背後からガバッ、重ねた予行演習

 後ろから忍び寄り、顔に液体を塗って、逃げる――。そんな「いたずら」の動作は、事件11日前までに完成していた。撮影がうまくいけば出演料も上がり、次の撮影依頼が舞い込んでくる。フォンの演技は、カメラマン「ミスターY」の指示通りに、磨き上げられていった。

 事件の9日前には、いよいよマレーシアに乗り込んだ。ホテルの監視カメラは、荷物運びから支払いまで、まるで恋人のように付きそう「ミスターY」の姿を記録していた。2回連続で撮影に成功した被告への報酬は、家賃の5カ月分に相当する額だった。

 事件現場の下見や撮影を続ける間、ホテルを4回変えていたことも判明した。宿泊先を頻繁に変えていれば、仮に怪しまれた場合でも追跡が難しくなる。入念な準備のもと「撮影本番」に臨んでいた。

事件11日前には演技完成

 撮影を重ねるにつれて、フォンの「演技」はうまくなっていった。事件11日前の2017年2月2日、ハノイの空港の監視カメラが捉えた映像は、その上達ぶりを明確に示している。ベトナム警察が事件後に見つけたものを取材で入手した。

 映像では、空港のホールで大勢…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも