[PR]

 ニュージーランド(NZ)南部クライストチャーチのイスラム教の礼拝所(モスク)で50人が犠牲になった銃乱射事件に絡み、イスラム教徒に差別的な声明を出したオーストラリアの上院議員に抗議する少年が16日、生卵を議員の頭にぶつけた。議員は少年にパンチを2発浴びせて反撃した。声明は広く非難され、少年はネット上で英雄視される騒ぎになっている。

 豪公共放送ABCなどによると、フレーザー・アニング上院議員(無所属)が16日、メルボルンで記者団に、銃乱射事件について話していたところ、後ろに立っていた17歳の少年が突然生卵を議員の頭にぶつけた。アニング氏は後ろを振り返り、少年を2発殴打。少年は警察に逮捕されたが、すぐに釈放された。

 警察によると、暴行容疑で、2人に対する任意捜査を続けている。騒動はテレビカメラで撮影されており、少年が生卵をぶつける場面はネット上で広く拡散した。

 2017年に上院議員になった…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

デジタルコース・最大2カ月無料キャンペーン実施中!詳しくはこちら