[PR]

(17日、J1 神戸1―1清水)

 神戸はすごみ、もろさの両方が出た。後半4分の先制点はMFイニエスタの個人技から。中盤ではテンポ良く球を離すが、ペナルティーエリア内では一転してドリブルにこだわる。ファウルをもらえればPK。それを怖がって相手が飛び込んでこなければ好機が生まれる。

 3人に囲まれながらゴールラインと並行するように抜け出た。中央への折り返しが相手選手に当たり、こぼれ球をFWポドルスキがきっちり決めた。

 しかし後半早々にリードしてからは「引いてしまった」とポドルスキ。消極的姿勢で相手の攻撃を受ける形に。守備疲れでマークが緩くなったところ、終了間際に追いつかれた。

関連ニュース