[PR]

(17日、Jリーグ 湘南2-1仙台)

 MFの出場停止と2日前のけがでできたDFの穴に、湘南はいずれもJ1初先発となる新人2人を送り出した。

 まず、右MFに入った鈴木冬一(といち)が攻撃のリズムを作った。身長165センチが小回りをきかせて好機を量産。「朝起きた時は落ち着かなかったけど、堂々とプレーできた」。長崎総合科学大付高卒の18歳は持ち前の強心臓ぶりを発揮した。

 最終ラインに位置したのは22歳の小野田将人(まさひと)。JFLのFC今治からレンタル移籍中でJ3、J2を飛び越してのJ1初出場。足元の技術と広い視野を生かしたパス能力を持つ。前半43分は最後尾からパス交換を続けて75メートルを駆け上がり、スライディングシュート。「無我夢中だった」といいながら、先制点に至る軌跡を冷静に振り返った。

 「成長できる場所」と湘南を選…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら