[PR]

 ニュージーランド(NZ)南部クライストチャーチのイスラム教礼拝所(モスク)であった銃乱射事件の際、犯行の様子がフェイスブック(FB)でライブ配信された問題で、FBは17日、公式ツイッターで、拡散された動画のうち「150万件を事件発生から24時間で削除した」と明らかにした。ネットに動画が投稿されると即座に広がり、完全に消去する困難さを示している。

 犯人の男は自分の体にカメラを装着し、モスクにいる人たちを銃撃する様子を17分間にわたり、ライブ配信した。その一部が別のユーザーに複製され、次々にツイッターやユーチューブでも共有されて拡散した。

 ライブ配信に使われたのは、殺人罪で起訴されたオーストラリア人のブレントン・タラント被告(28)と同じ名前のアカウントだったとされる。

 こうした映像は、テロなどの実行犯による主張の拡散を助長させているとして、配信サービスを提供するFBのほか、ユーチューブを運営するグーグルなど巨大IT企業に対する懸念が広がってきている。

 NZのアーダーン首相は17日…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら