[PR]

 岐阜県高山市の介護老人保健施設「それいゆ」で2017年夏、入所者の男女5人が相次いで死傷した事件で、岐阜地検は17日、施設の元職員、小鳥(おどり)剛容疑者(33)=名古屋市南区=を、うち1人に対する傷害致死の罪で追起訴し、発表した。地検は、小鳥容疑者の認否を明らかにしていない。

 起訴状などによると、小鳥容疑者は17年8月12日午後3時14~15分ごろ、施設2階の療養室で、入所中の中江幸子さん(当時87)の首を絞めて胸を圧迫するなどの暴行を加え、胸骨や肋骨(ろっこつ)が折れるけがを負わせ、右肺挫裂による外傷性血気胸(けっききょう)で翌13日に死亡させたとされる。

 小鳥容疑者はすでに、別の入所者の女性(当時91)に対する傷害罪で起訴されている。岐阜県警は、残る入所者3人の死傷について、小鳥容疑者の関与を慎重に調べる方針。接見した弁護士によると、小鳥容疑者はいずれの逮捕容疑についても「やっていない」と、一貫して否認を続けているという。