[PR]

(17日、プロ野球オープン戦、広島0―0オリックス)

 強力打線の代名詞だった「タナキクマル」から「マル」が抜けた広島の試行錯誤が続く。この日はオープン戦で初めて1番に西川を起用。2番菊池涼、3番田中広の「ニシキクタナ」という上位打線だった。高ヘッドコーチは狙いについて「(巨人に移籍した)丸の抜けた穴をどうにかして埋めないと。いろいろ試したい」と話す。

 西川は一回、四球で出塁し、1番打者の役割を早速果たす。三振併殺に倒れたが菊池涼の6球目で二盗も試みた。打撃センス抜群の24歳はここまで3番でも多く起用され、本人は「言われたところでやるだけ」。

 高ヘッドコーチは「今年は打順を固定しないかも。その中でガチッとレギュラーをとる人が出てくれば別だけど」と、活発な競争に期待した。

こんなニュースも