[PR]

 21日に札幌市である第42回全日本アンサンブルコンテスト(全日本吹奏楽連盟、朝日新聞社主催)。奈良県内からは、中学校の部に生駒市立生駒中吹奏楽部のサクソフォン四重奏が関西代表で出場する。

 メンバーは1年生と2年生が2人ずつ。4人とも小学校からの経験者だが、少人数のアンサンブルは初めて。関西大会前日まで、1人ずつ曲の一部分を吹き、4人で音色をそろえる練習を徹底した。曲目は長生淳作曲「トルヴェールの《惑星》より『彗星(すいせい)』」。

 16分音符が連続する細かいリズムが特徴で、バリトンサックスの新山遥さん(2年)は「低い音も素早く動くので小指がちぎれそう。大変です」。

 何度も変化する曲調を表現しよ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

関連ニュース