17日に亡くなったロック歌手で俳優の内田裕也さんを悼み、ステージでの共演も多かったロックバンド「頭脳警察」のボーカルPANTAさんが18日、コメントを発表した。全文は以下の通り。

     ◇

 古い芸能の世界に育ちながら、既存の芸能界に牙を剝(む)いてきた人。志を同じくするところは多かったと思う。彼の純粋な部分は数々の事件を巻き起こす。頭脳警察の曲をタイトルにした映画「コミック雑誌なんかいらない!」の礼だからと、映画完成からずいぶん経って、もらった革ジャン。面倒臭いのはもらうとそれを着ていかなきゃならない。とかくロックをやっている奴(やつ)は面倒臭い奴が多いが彼はその頂点に立つ男。彼はとにかくロックをやっている奴は革ジャンを着なきゃいけないと思ってる。自分は着ないくせに。

 最後に会ったのは今年のNEW YEARS WORLD ROCK FESTIVAL。

 樹木希林さんに内田をヨロシクと言われもしたが、希林さん、これでやっと一緒にいられますね。