[PR]

 本格的なマリンスポーツの時期を迎え、宮崎市の青島サーフィンセンターで18日、安全祈願祭があった。宮崎県や市、観光業などの関係者30人余りが海の安全を祈った。

 同センターは2007年、初心者向けにサーフィンやボディーボードを教えるスクールを本格開業。接客や救命などの技術を習得した約30人のインストラクターが、修学旅行生など県内外からの受講生に教えている。昨年3~12月の利用者は2109人で、過去最多だった。

 昨年まで1、2月は予約のみで対応していたが、今年から通年営業に切り替えた。安全祈願祭では、青島リゾートの平嶋孝次社長が「今年9月には東京五輪の代表選考を兼ねるISAワールドサーフィンゲームスがある。宮崎の魅力を世界中に発信したい」とあいさつした。

 ビーチでは、宮崎サンシャイン…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら