【動画】地元と線路への愛を語る南清水沢駅の村上美知子「駅長」=戸田拓、平賀拓史撮影
[PR]

 今月31日に営業を終え、廃止となるJR石勝線夕張支線(新夕張―夕張、16・1キロ)。その中間付近にある南清水沢駅では、JR北海道から業務の簡易委託を受けた村上美知子さん(70)が「駅長」を16年間務めてきた。毎朝、早朝から小さな駅舎で乗客の暮らしを見つめ、大勢の鉄道ファンとも気さくに接してきた。「自分自身が最後を見送ることが出来るのは誉れなこと。私の人生にも一つの区切りになります」

 村上さんは、かつて三菱石炭の炭鉱で栄えた夕張市の鹿島地区の出身。自宅が駅の近くにあり、小さいころからSLを見て育った。「連結器の『ガチャン、ガチャン』という大きな音や駅員さんが振る緑と赤の旗、笛の音……。みんな好きでした」。山あいの駅から石炭を積み、人を乗せて小樽へ、室蘭へと向かう黒い車両を見送った。

 村上さんが引っ越した家の近くには1962(昭和37)年開業の南清水沢駅があった。同駅の業務はその後、外部委託され、一時は女性3人が勤務する駅としても知られたという。

 村上さんは前任者が引退した2003(平成15)年夏、JR北海道から相談され、切符販売や清掃などの業務を引き受けた。

 以来、通学の夕張高校の生徒の…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら