[PR]

 政府は著作権法の改正案を開会中の通常国会に提出することを見送りました。海賊版対策として著作権侵害物のダウンロードを全面的に禁止する方針に、大きな反対が巻き起こり、自民党が認めないという異例の「政治決着」があったためです。背景には、ネット社会で限界を迎えた著作権法の課題も見えてきました。

法案提出阻止も「複雑な思い」

 「禁じ手ではあるとわかっていたのですが、政治家に働きかけるという行動をとりました」

 政府が法案の国会提出を断念した4日後の17日、都内でのシンポジウムで、小島立・九州大大学院准教授が打ち明けた。小島氏は法改正の方向性を「了承」した文化審議会の小委員会の委員でありながら、直後に法案提出を阻止しようと奔走した張本人でもあった。なぜ「造反」をしたのか。

 小委員会では法改正に反対の意…

この記事は有料会員記事です。残り1413文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1413文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1413文字有料会員になると続きをお読みいただけます。