[PR]

 コカインを使用したとして麻薬取締法違反の疑いで逮捕されたミュージシャンで俳優のピエール瀧(本名・瀧正則)容疑者(51)が関東信越厚生局麻薬取締部の調べに対し、「自宅とは別に借りているマンションで使った」と供述していることが捜査関係者への取材でわかった。「ストレス解消のためだった」とも述べているといい、同部は常習的に薬物を使っていた疑いがあるとみて調べている。

 捜査関係者によると、マンションは東京都内で仕事用に借りていたものだといい、同部が13日に家宅捜索した。また、瀧容疑者の自宅から押収した韓国紙幣から微量のコカインが検出されたという。紙幣はストロー状に巻かれており、同部はコカインの吸入に使ったものとみている。

 また、同部は自宅からケースに入ったたばこの巻紙数十枚も押収した。巻紙は葉タバコのほか乾燥大麻を使用する際に使われることもあるという。瀧容疑者はこれまでの調べに「20代のころからコカインや大麻を使っていた」と供述している。